オメガ3でメタボ予防・改善を成功させるポイント

オメガ3系脂肪酸は身体に脂肪が貯まらないようにしてくれる作用があります。
メタボ予防やダイエットというと脂肪をなるべく摂取しないように心がけている人も多いと思いますが、オメガ3系脂肪酸はメタボ対策やダイエット中にも取り入れた方がよいということができます。
ポイントとしてはオメガ3系脂肪酸の中のEPA・DHAを摂取するということです。

EPA・DHAは悪玉コレステロールの量を減らすはたらきをもっており、中性脂肪も減らしてくれます。
コレステロール値が下がると、肝臓の病気や脂質異常症などの高コレステロールが原因の病気になることを防ぐことが出来るのです。
中性脂肪が下がるとどのような変化が起こるかというと内臓に脂肪がつきにくくなります。
予防も出来るし、現在メタボ体型の人も改善していくことが可能なのです。

オメガ3系脂肪酸は人間の身体を維持していくために必要な必須脂肪酸です。
オメガ3系脂肪酸の摂取量が低くなってしまうと、アレルギー症状が出やすくなってしまったり、コレステロール値が上がりやすくなってしまいます。

オメガ3系脂肪酸が多く含まれている食品は青魚です。
いわしやサンマ、アジなどに含まれているDHAは、脳や神経の発達に欠かせない脂肪酸です。
ナッツ類などにもオメガ3系脂肪酸が含まれています。
とくにくるみが良い油が含まれているので、意識的に摂取することをおすすめします。
野菜類では大豆や黒豆にも含まれています。
シソやゴマなどにも多く含まれています。

オメガ3系脂肪酸だけを摂取すれば痩せるわけではありません。
しかしダイエット中に意識的に多く摂取するように心がけると、ダイエット効果を促進することが出来るのです。
血液がサラサラになれば血行が良くなります。
血行がよくなると代謝が上がり、体内の脂肪をエネルギーとして消費することが出来ます。
食事療法や運動療法などと組み合わせて意識的に摂取することをおすすめします。

1日の目安の摂取量ですが、男性は2.6グラム以上、女性は2.3グラム以上摂取することをおすすめします。
だいたいティースプーン1杯くらいの量です。
くるみで言えば1日に2から3粒程度摂取すればOKです。
くるみに含まれているのはオメガ3系脂肪酸の一種であるアルファリノン酸です。
効率的に摂取するためには火を通さずに生で食べるのが一番です。

食べ物から摂取できない場合は、一緒にサプリメントも併用することをおすすめします。

メタボ予防にオメガ3を摂るときはどんなタイプが良い?

中高年を中心に増えてきたメタボリックシンドローム。様々な合併症を引き起こすため危険視されている生活習慣病です。肥満傾向にある方は代謝が悪くなり、血液がドロドロ、動脈硬化など様々な諸症状があります。ただの肥満体型だけではないので気をつけてくださいね。


メタボの効果的な治療法は栄養治療と運動療法です。運動療法に関しては一度に高負荷のかかるトレーニングではなくウォーキングやジョギングといった低負荷の有酸素運動がよいでしょう。体への負担も小さいので続けやすいですし、突然の運動でもないので血栓や他の症状による合併症も防ぐことができます。


栄養療法の観点からすればまずは脂の質でしょう。メタボの方はオメガ3系の摂取量が圧倒的に少ないです。オメガ3系とは魚の脂のこと。お肉や揚げ物の脂などはすべてオメガ6系とよばれる脂肪酸が該当します。これらの油は身体に蓄積するだけでなく、血液をドロドロにしたり、動脈硬化を促したりと生活習慣病を助長するはたらきがあるのです。


オメガ6系の脂も大切ですが、現代の食生活ではオメガ3系に比べて摂取量が多すぎるため上記のような諸症状につながるわけです。オメガ3系はオメガ6系に比べると意識的に食べない限りは摂取することはできないでしょう。意識的に魚を食べないとすべてを補うことはできません。ましてメタボのように栄養バランスがトータル的に栄養を補う必要があります。


肥満傾向にある方もマルチビタミンのサプリメントを摂取することで体の代謝があがりますし、痩せやすい体へとシフトしていきます。オメガ3系や高濃度のビタミンは体から老廃物を出す働きもありますし、余計なものを身体に蓄積しないという観点からも重要なポイントです。
どのようなサプリが良いかは人によって異なるでしょうが、身体に対してのこだわりが優れている会社、革新的な技術を持っている会社がおすすめです。コンビニに売っているようなサプリメントは科学的な成分であることが多く、摂取しても身体に吸収されません。

本当に身体によいものを摂るのであれば食べ物から良い部分だけを抽出したサプリにすることです。つかっている会社は少ないので、きっちりと調べる必要がありますが、良い会社のサプリメントは体質を根本から改善します。マルチビタミンに加えてオメガ3系も含まれていれば申し分ないでしょう。良い会社を見つけてメタボリックシンドロームの方も健康な体を手に入れてくださいね。

代謝が上がる!オメガ3のメタボ予防・改善効果

脂肪を摂るとメタボになるとか血液がドロドロになるなどのイメージが持たれがちですが、脂肪にも体に良い油がいくつかあります。それはオメガ3脂肪酸が含まれている油や食品です。


オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸で必須脂肪酸の一つです。不飽和脂肪酸は炭素が見重結合をしている脂肪酸で、バターやラードなどの常温で固まってしまう飽和脂肪酸とは違い、常温でも固まらずにサラサラしていて体内でも液体の状態を保っている脂肪です。そして血液中の中性脂肪やコレステロールの高値を改善する働きがあるので、心血管疾患を予防することができます。また体内の炎症を抑えたり、癌細胞の増殖を抑制する働きもあります。さらに脳機能の低下やうつ病の改善、アレルギーの改善にもよいといわれています。血液中の余分なものを減らして血液をサラサラにするので、代謝がよくなって免疫力を高めたり、美肌効果、メタボ予防も期待できます。


このように体に良いオメガ3脂肪酸を1日に1000mg以上の摂取を厚生労働省は勧めています。オメガ3脂肪酸を多く含む食品は、マグロ、ブリ、サバ、さんま、ウナギ、イワシなどの青魚、荏胡麻油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、ナッツ類、チアシードで多くの食品の中からほんの少しの食品にしか含まれていないため、慢性的に不足しがちになります。必要量を摂取するには青魚のイワシなら2尾、荏胡麻油や亜麻仁油なら小さじ1杯、チアシードなら大さじ1杯弱が目安となります。またオメガ3脂肪酸は加熱に弱く酸化しやすいという特徴があるので魚ならできれば刺身の状態で食べるか、加熱をする場合は煮汁も一緒に摂取できるように塩分を少なくするなどの工夫が必要です。荏胡麻油などの油類は加熱をするのではなくそのまま摂取したり、冷蔵庫で保存して早めに使いきることが大切になります。クルミやナッツ類もオメガ3脂肪酸を含みますが脂肪分も多く含んでいるので食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。チアシードは必要な栄養が硬い膜に覆われているのでつぶしてから水分に含ませて利用するとよいでしょう。


このようなことに注意をしながら意識的に毎日オメガ3脂肪酸を摂取することで、メタボ予防や血液ドロドロの状態を改善することができます。


どうしてもオメガ3脂肪酸を含む食品がとれない場合には、必要な栄養分を手軽に摂取することができるサプリメントを利用してもよいでしょう。血液をサラサラにすることは様々な病気の予防に役立ち、若々しい体を保つことができるので、そのためにオメガ3は必要な栄養素なのです。

今から将来のメタボ予防に摂っておきたい「オメガ3」

オメガ3は不飽和脂肪酸の一種で、人間の体に必要な成分です。体内で合成される量は極めて少ないので、食事などで摂取する必要があります。

オメガ3は、将来のメタボ予防にも役立ちます。今現在太っていないという人でも、年齢とともに代謝が落ちていくと太りやすく、痩せにくくなる可能性があります。
その時のために、オメガ3を前々から摂取しておいたほうがいいということです。

オメガ3がメタボ予防に良い理由は、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させて、血液をサラサラにしてくれるからです。
不飽和脂肪酸は常温では固まらない性質を持っているため、血液の粘度を下げてくれます。これによって血液がサラサラになると、全身の血行が良くなって新陳代謝が良くなります。
代謝が良くなると体脂肪をエネルギーとして取り出して燃焼させようとする働きが促進されます。

体の冷えは肥満の元と言われるように、血行が悪い状態は新陳代謝が低く、太りやすく痩せにくくなっています。この血流を改善させることができればメタボ予防になります。

また、オメガ3には血中の中性脂肪やコレステロールを減少させてくれる効果もあるので、代謝を高める効果と相乗的に効いて、ダイエットに貢献してくれます。

1日あたりの摂取量は、成人ならDHA+EPAで250mg〜500mg/日です。妊娠中・授乳中の女性は、成人の推奨摂取量のDHA+EPA(250mg〜500mg/日)+DHA200mg/日摂取と、DHAを200mgほど多めに摂ることが望ましいです。

米国食品医薬局(FDA)では健常者の摂取上限量を2g/日以下としています。食事から摂取する場合は、青魚なら週に1〜2回食べると2g/日以下に相当するので、これを目安にするといいでしょう。

子供の推奨摂取量は推奨量がはっきりわかっていないので、サプリメントを服用させたいときには医師に相談したほうが安全です。

オメガ3を食材から摂取するのであれば、青魚やエゴマ油、アマニ油、くるみなどの食材がおすすめです。ただし、こういった食べ物にもカロリーはありますから、普段の食事にプラスしすぎると、かえって肥満の元になる可能性もあります。

カロリーが気になる場合は、サプリメントを利用してオメガ3の成分だけを効率よく摂取するようにするといいです。DHAやEPAといった成分がオメガ3に属する不飽和脂肪酸なので、これが表記されているサプリメントを使えばOKです。

メタボ予防にオメガ3!最適な量は1日にどのくらい?

近年、メタボリックシンドロームという言葉が、急速に広まりました。
それだけ多くの方が自分の健康に、意識を向けていると言えるでしょう。
メタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群とも言われており、男性・女性ともに増えている病気の1つです。
判断基準としてはおへそ周りのサイズが男性だと85cm以上、女性の場合は90cm以上だと当てはまります。
ただ、お腹周りのサイズが大きいというだけでは、メタボリックシンドロームとは診断されません。
高脂血症や高血圧、糖尿病といった他の病気が見つかった場合、また予備軍という場合に診断されるのです。

現代人に多いメタボリックシンドロームですが、オメガ3という必須脂肪酸を意識して補う事で予防する事が出来ます。
オメガ3は不飽和脂肪酸の1つで、血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。
血液の中には悪玉コレステロールと善玉コレステロールとがあり、このうち悪玉コレステロールが増加するとメタボリックシンドロームになりやすいようです。

悪玉コレステロール値が上がると高脂血症になり、また血液がドロドロと流が悪くなる事から血圧も高くなってしまいます。
オメガ3は血中の善玉コレステロールの働きを良くし、逆に善玉コレステロールだけを少なくしてくれます。
善玉コレステロールは悪玉コレステロールを回収する作用があるので、オメガ3で増えれば増える程、悪玉コレステロールを減らす効果が期待出来るのです。

また、オメガ3は血中の中性脂肪を減らす作用もある事から、高脂血症や高血圧を改善するとも言われています。
この他にオメガ3を摂る事で血液がサラサラになると、血行が促進され新陳代謝をアップする効果を得られる点も特徴です。
代謝が良くなればどんどん脂肪がエネルギーとして燃やされる為、ダイエットにも繋がります。
特に中高年になると内臓脂肪が溜まり、お腹周りのサイズが大きくなってしまいます。
オメガ3を意識して補う事でダイエットにも効果が期待出来るのです。

このように、メタボリックシンドローム対策におすすめのオメガ3ですが、1日にどのくらいの量を摂るのが良いのでしょう。摂取量の目安としては1日1,000mg以上が理想と言われています。
ただ、健康を気にするあまり過剰に摂取してしまうと、副作用を起こす危険性があるので注意しましょう。
多く摂取してしまうと吐き気や下痢、鼻血など血が止まり難くなるといった症状を起こすケースがあるようです。

オメガ3を補う際は摂取量の目安を守りましょう。

メタボ予防にオメガ3を摂るときの注意点

メタボ予防にオメガ3を摂るときの注意点は、なるべく加熱しないようにすることです。亜麻仁油のようにオメガ3を多く含んでいる油を調理する時に加熱をしてしまうと大切な成分であるDHAなどが消失してしまうので、メタボ予防の効果が半減するのが理由です。
また魚やナッツなどの高カロリーな食材に多く含まれているので食べ過ぎると太り過ぎてしまって、内臓脂肪が増えることもあります。
内臓脂肪が増える原因は基本的にはブドウ糖のとり過ぎですが、オメガ3などの脂肪分の摂取が多くなると消費カロリーよりも摂取カロリーが多い状態になるので、メタボを悪化させる可能性があります。


ダイエットのためにはオメガ3を食物繊維を含んでいるナッツから摂取するのが良いとされていて、糖分や脂肪の吸収を緩やかにするので太りにくくなります。
炭水化物を減らして脂肪分を多めに摂取するダイエットなどもアメリカなどで流行していますが、消費カロリーを考えると、炭水化物は1グラムあたり4キロカロリーなのに対して、脂肪は1グラムあたり9キロカロリーなので、体についた脂肪を燃やすためには炭水化物の2倍の運動が必要になります。


オメガ3には血管を健康にしたり、脳の認知機能を向上させるなどのメリットがあるのですが、食べすぎてしまうと普通の食べ物と同じように脂肪としてお腹のまわりなどにたまってしまうので注意が必要です。
上手に摂取する方法としては、サラダなどの食物繊維をたくさん含んでいる食材と一緒に食べたり、バターやマーガリンの代わりにパンに塗って食べる方法などがあります。


パンに塗ることが多いマーガリンには体に悪いとされるトランス脂肪酸が多く含まれているので、オメガ3を多く含んでいる亜麻仁油などをパンに塗って食べるようにするだけでメタボや生活習慣病を防ぐことができます。
またお腹が空いてしまったときにチョコレートやケーキなどを食べてしまう人は、空腹時にナッツを食べるようにするだけでダイエットをすることができます。ナッツはある程度の硬さがあるので何度も噛まなければならないので、脳内の満腹を知らせるホルモンの分泌を促すことが防げるので、食べ過ぎを防ぐことができます。


オメガ3はサプリメントで摂取することができますが、他の不飽和脂肪酸とのバランスが重要なのでたくさん摂りすぎてもあまり良くありません。また摂りすぎてしまうと中性脂肪や内臓脂肪として蓄えられるので適度に摂取することが大切です。

メタボ予防の効果を高めるにオメガ3の摂り方

メタボ予防のためにオメガ3を摂る場合、摂り方には注意する必要があります。

まず、目安となる量は1日1000mgまでです。
健康効果がありながら含まれている栄養分が少なく、積極的に取ることが難しいので、このくらいが目安の量となります。ナッツ類や青魚から一日にどのくらい取れているかを考えると、かなり少ない量となりますね。
このため、メタボ予防のためにオメガ3を取る場合、何よりも摂取量を意識しましょう。大体の人は不足していますから、意識的に食事を摂ることで補う必要があります。

ただし、オメガ3を取る場合、一緒にカロリーも気にしなくてはなりません。
ナッツ類はカロリーも高いため、適量食べる分には問題ないのです。ただ、比較的カロリーが高いために、たくさん食べると今度はメタボにつながりかねません。
青魚も同様です。適切な調理法で適切な食事として食べれば問題はありませんが、こちらもカロリーが高い調理法だったり、食べ過ぎるとカロリーが高くなり、メタボ予防の効果が下がる傾向があります。健康効果があるとはいえ油の一種なのですから、この点は注意しておきましょう。

次に、不足分はサプリメントで補うということですね。
最近ではオメガ3の健康効果が徐々に知られるようになってきて、サプリメントも多く販売されるようになりました。このため、メタボ対策やメタボ予防、もしくは健康効果を期待してサプリメントを併用する人も多くなってきています。
サプリメントに関しては、1日の大体の摂取量を考えてその残りを補うという考え方が基本です。オメガ3は毎日の摂取量が一定ということは少なくありませんから、それを補うようにした方がいいでしょう。外国産のオメガ3サプリメントは含有量が多いものが多いので細かい調整がしづらいのですが、思い切ってサプリメントだけでオメガ3を摂取するというのも方法になってきます。
量や飲むタイミングとしては、基本的には食後が多いでしょう。また、サプリメントは裏面に摂り方についての説明があります。その説明を読んで、しっかり飲むようにします。

タイミングとしては、食事中に一緒に取るのがいいとされています。
これはオメガ6系や他の栄養素とのバランスを考えながら摂取することで相乗効果が高まり、ますます病気や肥満予防に良くなり、健康効果も高くなるためです。タイミングによってはしっかり栄養を取り、なおかつ健康に良い食事時がおすすめです。

メタボ予防にオメガ3を摂るなら「朝」がオススメ!

メタボリックシンドロームは見た目の肥満の問題だけでなく、様々な疾病を引き起こす原因ともなってしまうので、適切な方法でダイエットに取り組んで解消を目指すことが大切となります。メタボ解消にはカロリー制限や運動不足の解消など様々な方法がありますが、メタボ予防に役立つ栄養素をしっかりと補うことで、更に効率よくダイエットに取り組むことが可能です。


そんなメタボ予防に役立つ栄養素として注目されているのが、オメガ3系脂肪酸です。この栄養素には中性脂肪やコレステロール値を下げる効果が期待できるので、毎日の食生活の中で摂取を意識することがおすすめとなります。


そんなオメガ3系脂肪酸が含まれている代表的な食品が、青魚です。また、ナッツ類やエゴマ、アマニ油にも多くのオメガ3系脂肪酸が含まれていますが、その一方でこれらの食品だけで過不足なく補うのは難しい部分があります。オメガ3系脂肪酸は加熱によって劣化してしまうので、青魚の場合は刺身など生で食べることが推奨されますが、魚の種類によっては加熱しなければ食べにくいものもありますし、魚が嫌いな人にとっては頻繁に食べるのは大変です。また、油単体で摂取する場合には過剰摂取になりやすく、逆に身体にとって悪影響となってしまう可能性もあります。


そこで、毎日の摂取量をコントロールしながら効率よく摂取する為に、オメガ3サプリを使用することがおすすめです。サプリであれば、用法用量を守って服用すれば基本的に過剰摂取の心配はありませんし、十分なDHAやEPAが含まれているサプリを選べば、普段の食事だけでは足りないオメガ3系脂肪酸を十分に摂ることができます。


オメガ3サプリは1日の目安となる摂取量をしっかりと守りさえすれば、基本的に飲むタイミングは自由です。自分の都合の良いタイミングでサッと飲めるのがサプリの魅力ではありますが、メタボ予防の為にベストな服用タイミングがあるので、可能な限り意識して服用することが大切です。


そんなオメガ3サプリのおすすめの服用タイミングは、朝です。朝の時間帯は、通勤や通学、家事などで活発に動いている人が多いですが、そのタイミングでオメガ3系脂肪酸を補うことで、夜寝る前などに飲むよりも多くの脂肪燃焼を期待することができます。普段の何気ない活動の中で脂肪燃焼を促すことが可能なので、運動不足になりがちという人に特におすすめです。朝にオメガ3サプリを飲んで、メタボ予防に努めましょう。

オメガ3でコレステロール値を下げてメタボ予防!

オメガ3という言葉をよく聞くようになってきましたが、オメガ3とは不飽和脂肪酸のことです。簡単にいうと食用の油の中に含まれている成分で空気に触れても固まらないという性質を持っていて、オメガ3の摂取を行うとコレステロール値を低下させてメタボが改善されると言われています。オメガ3は油の中に含まれている成分ですから摂取することで余計にメタボになってしまうんじゃないかと心配になってしまうかもしれません。しかしどれだけ油分を摂取していてもそれらはオメガ6と呼ばれている油分でコレステロール値の上昇や血圧の上昇を招いてしまう油分となります。日本人の多くはオメガ3が不足しており、またオメガ3は体内で生成できないので食べ物から摂取しなければいけないのですが、食べ物からの摂取量が不足しているため生活習慣病になりやすい状況にあると言われているのです。オメガ3は油でありながら健康に大きな効果をもたらしてくれるため、積極的に摂取したい油分だと言えます。


オメガ3には血液をサラサラにする効果があります。これは空気に触れても固まらない不飽和脂肪酸が体内の空気に触れると固まる飽和脂肪酸に影響を与えて不飽和脂肪酸同様の液体状にしてしまいます。この働きで血液中で血液をドロドロにしてしまう中性脂肪やコレステロールが液体状になった結果、血液がサラサラになって血行が良くなり新陳代謝を向上させる効果が期待できます。メタボの原因となっているのはカロリーを過剰に摂取したことで食べ物が食べられなくなった時などにエネルギーとして使うために内臓の周りに蓄えられた中性脂肪で、内臓脂肪とも呼ばれています。内臓脂肪の特徴として血液中に溶け込みやすいというものがあるのですが、オメガ3を摂取したことで血液中のコレステロールや中性脂肪が減少していけば、次に内臓脂肪が血液に溶けて全身を巡るという流れになるため内臓脂肪が減少しメタボの改善や予防効果が期待できるのです。


しかし、オメガ3を摂取していればそれだけでメタボの改善や予防ができるというわけではありません。過剰にエネルギーの摂取を続けていれば中性脂肪がたまったりコレステロール値が上昇してしまいますし、折角血液中に溶けた中性脂肪も使われなければ再び中性脂肪として身体に溜まって行ってしまいます。あくまで食事の内容の改善や運動する習慣をつけながらオメガ3の摂取を続けていくことで内臓脂肪を減少させていくことができるので、オメガ3の摂取を行いながら生活習慣を改善していくことが重要になります。

オメガ3でなぜメタボが予防できるのか

歳を取ってお腹周りのサイズが気になってきたなら、不要な脂肪が蓄積されている疑いがあります。このまま放置していると、悪玉コレステロール値が上昇して、高血圧症や心臓疾患、脳卒中や糖尿病などの様々な病気になるリスクが高まってしまいます。
その予備軍とされるのがメタボの状態ですが、メタボを予防するオメガ3配合のサプリメントに期待が寄せられています。

オメガ3の予防効果が期待されている理由として、悪玉コレステロールを減少する作用が挙げられます。この成分は魚介類や野菜に含まれているもので、元々は油です。油を摂取すると脂肪に変化して余計に悪化するイメージがありますが、オメガ3の油分は不飽和脂肪酸に該当します。


肉の脂身や乳製品の脂肪分に多いのが、飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸とは異なり、オメガ3の不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らす作用があるため、肥満予防に繋がるのが特徴です。


メタボの原因の一つが、中性脂肪の量です。中性脂肪が血管に入り込むことで、悪玉コレステロール値の上昇を助けてしまいます。中性脂肪は飽和脂肪酸や、ご飯やパン、お酒、お菓子などの糖分の食べ過ぎによって蓄積されやすいのが問題です。
不飽和脂肪酸であるオメガ3のサプリメントを適度に取り入れれば、中性脂肪を減らし、同時に悪玉コレステロール値の上昇の予防に繋げることができます。直接的に悪玉コレステロール値を下げるのではなく、元になる中性脂肪に作用するのが、オメガ3の優れた部分です。


オメガ3は中性脂肪を下げるだけでなく、メタボの特徴的な症状である、肥満解消にも役立ちます。飽和脂肪酸と違って血液循環を良くしてくれますので、身体の代謝機能が上昇し、痩せやすい体質になるのがメリットです。食べ過ぎを防いだり、運動を適度に取り入れることで、この機能が活かされやすくなります。


コレステロールは悪玉のことばかりに注目が行きがちですが、オメガ3には善玉コレステロール値を増やす作用もあります。悪玉コレステロールが血管の壁に付着するのを防ぎ、動脈硬化を抑えてくれるのが善玉コレステロールです。
メタボによる様々な病気の発症を防ぐには、善玉コレステロールの働きが欠かせません。オメガ3を摂取すれば、善玉コレステロールの働きを助けることが可能です。


オメガ3を毎日のように食事からたっぷりと摂取するのが理想ですが、食事から摂取が難しい時に、簡単に摂取できるサプリメントが活躍してくれます。